CASE STUDY

イベント関連デザインとワークショップ

  • 1

  • 2

  • 3

  • 4

  • 5

  • 6

  • 7

  • 8

  • 9

いかにも楽しげなウエルカムボード

オープニングセレモニー風景

メイン雪像(文翔館)にもキャラクターが…

雪遊びの会場風景

オリジナルグッズの販売風景

食欲そそるオレンジ色のフラッグ

子供のためのワークショップ風景

オリジナルデザインの帽子も販売された

メインステージ初彫りにて記念撮影

原高史|Hara Takafumi

原高史|Hara Takafumi
1968年東京都生まれ。東京在住。多摩美術大学絵画科油画専攻大学院修了。修士。現代美術家。90年代後半よりインスタレーション、プロジェクト、絵画作品を美術館などで発表。2000年から文化庁在外研修およびポーラ美術振興財団在外研修にてドイツ・ベルリンに滞在。主な活動として、地域の人々とのコミュニケーションを通して得られた「ことば」を絵と共にパネルに描き、歴史的建物や、地域一帯の窓を埋め尽くすプロジェクト『Signs of Memory』を展開。これまでに、シンガポールビエンナーレ(06)、ハバナビエンナーレ(08)をはじめ世界19カ所で発表。

第2回やまがた雪フェスティバル
関連デザインとワークショップ

  • 原高史 | Hara Takafumi
    グラフィックデザイン学科 教授
研究内容:
イベント関連デザインとワークショップ
研究期間:
2016年11月〜2017年3月
委託元:
雪祭り実行委員会

 プリントする

山形県が寒河江市で開催する雪祭りのデザイン制作及び監修。昨年度の第1回に続き、今年の第2回やまがた雪フェスティバルでは、メインステージのデザイン、グッズ開発、会場のフラッグデザイン制作及びイベント全般に関する助言・監修を行った。県の担当者との意見交換を繰り返し行い、雪祭りの認知度を高めるためのコンセプト作りから手掛け、シンボルの雪像には、山形の象徴的な建物である「文翔館」を雪の城に仕立てメインステージに設置した。また、フェスティバルの実際を知るためにグラフィックデザイン学科の13名の学生が現地でワークショップ(キャンドル、塗り絵タンブラー、シール)を企画・運営するとともに、綿あめ、タンブラー、飲み物なども販売した。

これらの実績が評価され、学生の新たな発想とデザインの力で、山形の冬の良さ、雪の楽しさをアピールするために第3回目のフェスティバルに向けて引き続き協力していくこととなった。