CASE STUDY

公民館・美術館のリノベーション

  • 1

  • 2

  • 3

  • 4

大講堂内観。木片編版構造によるアーチ屋根。

サロン。建設当初を参考に天井・壁の塗装色を選定。

市民ギャラリー。市民に貸し出し、展示、ワークショップなどを行える。

常設展示室。洋画家、故・杉村惇氏の作品が展示されている。照明計画などを展示室用に刷新した。

竹内昌義|Takeuchi Masayoshi

馬場正尊|Baba Masataka

竹内昌義|Takeuchi Masayoshi
1962年神奈川県生まれ。1995年に設計事務所みかんぐみ共同設立。2000年から東北芸術工科大学建築・環境デザイン学科助教授。2008年より同教授。大学のある山形市で21世紀環境共生住宅型のモデル整備による建設促進事業、山形エコハウスの設計、運営に携わる。みかんぐみの近作に、「愛地球博トヨタパビリオン」(2005)「伊那東小学校」(2009)「Y150はじまりの森」(2009)「マルヤガーデンズ」(2010)など。

馬場正尊|Baba Masataka
1968年佐賀県生まれ。博報堂、早稲田大学博士課程、雑誌『A』編集長を経て、2002年Open A を設立し建築設計、執筆などを行う。『東京R不動産』を運営。建築設計を基軸にしながら、メディアや不動産などを横断しながら活動している。

杉村惇美術館整備二期工事に伴う基本設計およびサイン計画提案

  • 竹内昌義 | Takeuchi Masayoshi
    建築・環境デザイン学科教授
  • 馬場正尊 | Baba Masataka
    建築・環境デザイン学科教授
研究内容:
公民館・美術館のリノベーション
研究期間:
2014年4月〜2014年10月
委託元:
株式会社鈴木弘人設計事務所

 プリントする

昭和26年に竣工された、市有形文化財でもある公民館を美術館として再生させるプロジェクト。地元塩竃にゆかりのある洋画家、故・杉村惇氏の作品を常設展示し、その他に市民ギャラリー、大講堂の活用(ワークショップ、音楽イベント)など、市民に幅広く活用してもらうことを念頭に、(株)鈴木弘人設計事務所と共同してリノベーション設計を行いました。木片編版構造、塩竃石の使用など、他には見られないこの建物の特徴を活かし、歴史を感じさせながらも新しい市民活動の場として活用されるよう設計を進めました。1階は公民館の機能を残しつつ施設のバリアフリー化を計り、2階は美術館として生まれ変わりました。また、改修にあたり、館内のサイン計画、照明計画も刷新しています。歴史ある建物の特徴を活かしつつ、これからも市民に愛される美術館を目指してデザインを行いました。